by 
 無料のアクセスカウンター

sicilia 7日目

今回の旅の最後の目的は、ETNA山の麓で奇跡のワインMagmaを生み出すFRANK CORNELISSENさんを訪ねることだった。土曜日の朝、一路彼のカンティーナに向かう。

f0178153_424536.jpg


ベルギー人の彼は、ワイン販売業を経て、自分で最高のワインを作るために、ここETNA山麓に葡萄の楽園を見つけ移り住んだ変人だ。彼が創り出すワインは現在業界では世界でも最高の評価を受けている。彼のワイン哲学は、有機栽培、無農薬はもちろん、肥料も一切与えず選別で除かれた葡萄は、畑にかえし肥料となり、自然への循環を行っており、それは徹底的に自然環境を大事にすることで、大地を耕すことや、ビオロジック、バイオロジー、また伝統的耕法までも人工的と考えているらしい。朝、約束の時間に彼のカンティーナを訪れて驚いたことは、エトナ山の溶岩を混ぜた土でスペインの伝統的な職人の手で造られたアンフォラ(素焼きの巨大な壷)の中でふつふつと醗酵してワインになっていることだ。生きている!

f0178153_4263392.jpg

f0178153_427379.jpg

f0178153_4272379.jpg


さまざまな彼の哲学を聞いたあと、場所を彼の友人のエノテカに移してそこで午後まで6時間以上彼の育てたワインを飲みながらワイン談義に花が咲いた。

f0178153_4275895.jpg

f0178153_4282453.jpg

f0178153_4284747.jpg

f0178153_4292331.jpg


ロンドンからやってきた料理人やオーストラリアからやってきた醸造家、同じ地域で有機農法のアグリツーリズムを経営している人など、皆ワインに対する情熱をぶつけあう6時間だった。フランクが今一番誇れる2011年のMagmaをなんと2本も空けてしまった。年間1000本も生産していない貴重なボトルだ。それも生産していない年もあるという本当にレアなボトルだ。日本には48本だけ輸入されているそうだ。小売りで1本2万円超えるヴィンテージのためレストランでは5万円はいってしまう・・・。エチケットは無く、真っ赤なMagmaという文字が縦に手描きで描かれている。まさに奇跡の一日だった。

エノテカの料理も絶品で生のポルチーニとチーズとルッコラの和え物はMAGMAと最高のマリアージュ。フンギのPappardelleも驚きの一品☆

f0178153_43344.jpg

f0178153_4334072.jpg

f0178153_4341061.jpg

f0178153_4344531.jpg


夕方近所Casteglione村を訪ねる。このまちの麓にFrankの最高の畑がある。

f0178153_436832.jpg



[PR]

by riki_seri | 2013-09-15 04:36 | 旅するセリバシ/ゼミ

『マッピー』用ボーダー

<< sicilia 8日目 sicilia 6日目 >>