by 
 無料のアクセスカウンター

6/16

昨夜のEUROカップのせいで久しぶりの寝坊・・

雨のため歩いて近所の凸版印刷博物館へ向かう。(徒歩10分)

f0178153_1943040.jpg


毎年恒例の「グラフィックトライアル」展開催中。

f0178153_195197.jpg


森本千絵「いいね!」

往年の勝井三雄も!

そのまま、神楽坂へ(徒歩10分)

フラスコで開催中の「山崎宏の暮らしもの」展

f0178153_19224761.jpg


岐阜大垣は枡づくりの産地だった。日本の70%を生産してるようだ。

彼がデザインしたうす〜い枡を購入。

f0178153_197325.jpg



信楽焼の大谷さんの透性陶器のランプシェードがたくさん☆


その足で、九段下、イタリア文化会館へ!

九段下は15年前GKから独立した時事務所を構えていた場所だ。懐かしい。

マンジャロッティ展

f0178153_19122686.jpg


1960年代以降、マッジャロッティ事務所に所属していた日本人たちの同窓会展だ。

今は私の後輩、堀川絹江が1995年から事務所を守っている。

ガエ・アウレンティが設計したイタリア文化会館の建物の存在感は秀逸☆

f0178153_1915532.jpg


千鳥ヶ淵の景色を堪能しながら、九段下から地下鉄で表参道へ向かう。。

f0178153_1921022.jpg


根津美術館の前にある日月堂へ。

f0178153_1922983.jpg


1930年代以降の世界の近代モダニズムに特化した品揃えの古書店だ。

オーナーの佐藤さんの知識は研究者を遥かに超える。

ベルリンオリンピック関連の資料を探す。

次回の東京オリンピック(戦争のため中止)にむけて日本政府が多くの調査団を送り込んでいたらしくたくさん報告書が存在している。アルベルト・シュペアーがヒットラーのもとで計画した施設やイベントの計画書。岸田日出刀(丹下健三の師匠)が調査団長としてまとめた報告書などがあるそうだ。現在2020年の誘致にむけた委員会もこういった資料を見て欲しいものだ。

1930年発行のドイツの雑誌INTERNATIONAL ADVERTISING ARTを見つける!
私の父親が生まれた年だ。カッサンドルがデザインしている。なんと、表紙がリトグラフ。
即、購入!

f0178153_19355893.jpg


まだまだ掘り出し物多数。

研究費でどうにか揃えたものだらけだ。

後ろ髪引かれながらお店を後にする。マンションの一室真っ赤なエントランス。

f0178153_19372536.jpg


帰りにコムデギャルソンに立ち寄って、PLAYシリーズの新作を物色。

今夜は、久しぶりに長女が夕飯に帰ってくる。

私が調理番。




・・・・・・・

追記

ギャラリー間の伊丹潤展「いいね!」
5年ほど前、ソウルで彼が設計したビルの内装リニューアルを手がけた。
娘さんがソウルで建築事務所やっている。

21デザインサイトの「てまひま展」佐藤卓、深澤直人のナチュラルな展示が秀逸☆



[PR]

by riki_seri | 2012-06-16 19:15 | 日常

『マッピー』用ボーダー

<< 6/17 6/15 >>