by 
 無料のアクセスカウンター

古地図のスキャンと茶壺プレゼン

卒論卒制修論締め切りの2月3日。

明山窯の伸也さんと啓太くんが来て、
保存修景の濱崎研に行き、
濱崎ゼミ生でセリバシ在住のフジヨシくんに手伝ってもらって、
なんとA0サイズまでスキャンできるスキャナーをお借りし、
信楽町長野村の古い地図(文化財です)をデータ化しました。
f0178153_13133490.jpg

f0178153_13133843.jpg

f0178153_13134280.jpg


そのあと、
f0178153_13185747.jpg

茶壺*の復刻バージョンのパッケージ案を3回生に提案してもらいました。
すぐに応用出来そうなものからグラフィック、からくり、繊維や製茶業とがっつりコラボできそうなものまで、様々。
段階を設けて開発していきたいと思います。

課題提出や年度末テストもあって、4回生の手伝いもバイトもあるのによくそんなに考えてつくれるなぁと思う位、よく動いている3回生。毎年凄いなぁと思いますが、年々思う度数が高まっています。

*この茶壺というのは、徳川幕府から勅命を受けて信楽が作り続けた茶壺。あの茶壺道中の歌にあるアレです。なかなか歴史逸話が豊富な信楽☆


mao
[PR]

by riki_seri | 2012-02-03 23:55 | 調査・報告

『マッピー』用ボーダー

<< 雪のあとの晴れ日 卒業制作提出締め切りイブ >>